近江商人

近江商人 ( おうみしょうにん )

近江国出身の商人。
特に江戸時代に、行商,出店で全国に進出した。
組織的な商法と、刻苦精励で知られる。
根拠地が東日本三街道の起点という有利な立地点から、鎌倉時代にはすでに現れている。
初めの商品は、近江八幡 (蚊帳、畳表) 、日野 (売薬) 、五箇荘 (呉服、太物) 、長浜 (ちりめん、肥料) とそれぞれ特色があったが、産物を扱っているうちにその地の産業を押え、全国いたるところの商権を握ったのが特徴。
のちには金貸業まで行い、菱垣廻船の運用などで全国的な商いをして、江戸時代を通じて活躍した。
明治以降は、その保守的な組織が逆にじゃまをして、近代資本主義に移行できず、経済の主流から退いた。

江戸~明治期に、現在の滋賀県から日本各地を巡って畳表や蚊帳、薬などを売り歩いた。
出向いた先に定着し、醸造業などを営む商人もいた。
「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」は、多くの近江商人の遺訓や語録に共通する理念として、昭和になって使われ始めた。
現代のCSR(企業の社会的責任)の先取りとも言われる。

近江出身の商人。商売がうまく、江戸初期以来、伊勢出身の商人とともに成功者を多く出した。
江商(ごうしょう)。