黄銅

黄銅 ( おうどう )

銅に亜鉛を加えてつくった合金で、真鍮(しんちゅう)ともよばれる。
青銅と並ぶ重要な銅合金で、黄銅が人工的に製造されたのは1520年ごろ亜鉛元素が発見されてからである。
自然合金の形ではギリシアの昔から人類に親しまれ、非鉄金属中こっとも日常生活に関係が深い。
金色が美しいので室内装飾にも多く用いられる。
このような板、線、棒、管などを使ったもののほか、鋳物としても広くもちいられている。