黄檗の三筆

黄檗の三筆 ( おうばくのさんぴつ )

江戸幕府の儒学奨励のもと、黄檗(おうばく)宗をもたらした明(みん)の僧隠元(いんげん)に、木庵(もくあん)、即非(そくひ)を加えてよぶ。
彼らは明の書法に基づき、雄渾(ゆうこん)な特色を打ち出して世に黄檗流の一派をなし、唐様(からよう)発展の端緒となった。