押型成形

押型成形 ( おしがたせいけい )

成形法の一つで、固めにこねた陶土を型の中に押し込むように入れ、余分の土は竹べらなどを使い取り除いて、型からはずします。
陶芸の技法の一つで、一般的には轆轤を使って回転させて形を作りますが、この技法は轆轤を使わず、粘土を型に押し込み形成する方法です。
内型成形や型押成形などとも呼ばれ、複雑な模様や形の作品を容易に量産出来ます。
押型成型は内側に押さえ跡が残りやすいので、作品は内側が見えないようなものが多い。