織部焼

織部焼 ( おりべやき )

桃山時代に美濃(岐阜県南部)の九尻付近で焼かれた陶器。
千利休の門人古田織部の好みによってつくられたのでこの名が付いたといわれ、志野焼とともに桃山時代を代表するものとされる。
意匠が奇抜で変化に富み、自由奔放な個性があるのが特色である。
主に茶器類が多く、釉薬の色によって青織部、黒織部、赤織部、絵織部、鳴海織部、志野織部などに分類されます。
一番有名なのは緑色の釉薬を用いた青織部です。
青織部や黒織部は茶碗が多く見られ、その他は食器類が多くつくられています。
形や模様は具象的なものが多く、意図的に歪めた面白い形や市松模様・幾何学模様の絵付けを施した茶道具や食器類が見られます。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。