織部焼

織部焼 ( おりべやき )

桃山時代に美濃(岐阜県南部)の九尻付近で焼かれた陶器。
千利休の門人古田織部の好みによってつくられたのでこの名が付いたといわれ、志野焼とともに桃山時代を代表するものとされる。
意匠が奇抜で変化に富み、自由奔放な個性があるのが特色である。
青織部、黒織部、赤織部、絵織部、鳴海織部、志野織部などに分類されます。