大樋焼

大樋焼 ( おおひやき )

加賀金沢の楽焼き。
寛文年間(1661~1673)に、金沢の大樋で、京都の陶工長左衛門が創始。

石川県金沢の楽焼。江戸時代初期大樋長左衛門の創始にかかる。茶道具を主に作り、赤黄色のいわゆる飴釉が特色。

利休から数えて4世にあたる仙叟宗室は、はじめ医師を志して野間玄琢に師事し、玄室と称していたが、玄琢の死後千家に戻り、のち加賀藩主前田利常の茶道茶具奉行として仕えるところとなった。
その折、京都から大樋長左衛門を伴って金沢に赴き、〈大樋焼〉を開窯した。
宮崎寒雉を指導して茶の湯釜を鋳造させたという。