鬼桶

鬼桶 ( おにおけ )

古信楽の桶型の水指しです。
元来農家の女性衛が麻や苧(からむし)の繊維で作った糸を入れておく苧桶でしたが、茶人が水指しに見立てました。
信楽焼の古い昔の作品で桶型の水指のことですが、一般に農家の家で使われていた物で昔からある種壺と同じで昔の日用雑器です。
茶人は気まぐれで、日常使われていた素朴な雑器が好きで、名物茶碗や高価な古渡りの茶道具には雑器として使われていた茶碗や陶芸作品多くあり、この鬼桶もこのような一例です。