表千家

表千家 ( おもてせんけ )

茶道千家の家系、三千家の一つ。
千宗旦の子のうち、利休の建てた茶室不審庵を継いだ江岑 (こうしん) 宗左に始る。
1世利休、2世少庵、3世宗旦、4世宗左となり、以後現在まで継承。
裏千家に対していう。
江岑の兄の一翁宗守は京都の武者小路に官休庵を建てたので武者小路千家、弟の仙叟宗室は今日庵を譲られて裏千家と呼ばれ、三千家とする。
庵号を不審庵という。

千家流茶道の分派の一。
元伯宗旦の三男、江岑(こうしん)宗左を開祖とする。
表流。表。

茶道流派の一。
千利休の孫宗旦の三男、宗左が利休の四世を称したのに始まる。
裏千家との対比でこの名がある。
表流。おもて。

表千家を代表する茶室で表千家邸内(京都市上京区)に所在。
また表千家流家元の庵号として呼ばれる。

表千家(おもてせんけ)は、茶道流派の一つ。
千利休を祖とする千家の家督を継いだ千家流茶道の本家であり、宗家は京都市上京区小川通寺之内通上るにある。
表千家を象徴する茶室不審菴(ふしんあん)の号の由来は「不審花開今日春」の語に由来しており、財団法人不審菴が管理している。
現在の家元は、千利休から数えて、14代目の而妙斎(じみょうさい)千宗左(せんそうさ)家元である。
代々の家元は紀州藩主である紀州徳川家(御三家)の茶頭として格式を誇り、紀州徳川家と強いつながりがあった三井家とも縁があった。
本家の表千家に対して分家の裏千家の名は、今日庵が表通りの不審菴の裏にあることに由来する。