桶狭間の戦

桶狭間の戦( おけはざまのたたかい )

戦国時代、織田信長と今川義元との、尾張国知多郡の桶狭間における戦い。駿河、遠江、三河3国を領有した今川義元は、永禄3 (1560) 年5月、4万と称する兵を率いて上洛を企て尾張へと進軍した。尾張国清洲城主織田信長は、砦を構えてこれに対したが、前衛の丸根、鷲津などの砦は同 19日までに陥落した。同 18日夜半、清洲を出発した信長は、19日正午頃、沓掛から進んで大高に通じる三面起伏の迫る低地に休憩していた義元の本陣を、約 3000人の兵をもって風雨のなかを急襲し、その首級をあげた。信長はこの勝利によって東海道における勢力を急速に増大させた。

永禄3(1560)年、桶狭間に陣取った今川義元を織田信長が奇襲し破った戦い。軍勢は今川軍2万5千人、織田軍3千人程度だったと言われる。信長の天下統一への第一歩になった。

1560年五月、尾張桶狭間(愛知県豊明市栄町)で織田信長が上洛途上の今川義元を奇襲して敗死させた戦い。信長の全国制覇の端緒となる。田楽狭間でんがくはざまの戦い。