お歯黒壺

お歯黒壺 ( おはぐろつぼ )

明治時代以前、一定の年齢に達した女性や既婚の女性、また公家の男性がつけていたお歯黒の材料となる鉄漿水(かねみず)を作るための壺。
酢酸に鉄を溶かした鉄漿水(かねみず)と五倍子(ごばいし/ふし)粉と呼ばれるタンニンを多く含む粉で歯を黒く染める風習があり、お歯黒のための液を入れた小壺をこう呼びました。
越前のものが名高く、片口が豊富です。
掛け花入に転用されているものもあり、鉄漿壺ともいいます。
茶人は珍しい物や一風変わった物を好む習性があり、普通に使われた何でもない小壺ですがお歯黒壺と珍重しています。