帯留め

帯留め ( おびどめ )

帯絞めと同様、帯が解けないように結び留めを通して前で留める細い紐。
紐丈の両端にかけ合わせる金具がついている。紐は絹の平打ちの組み紐で、金具は花、木、動物、流水、雪などを彫った金、銀、プラチナや真鍮にめっきしたり、珊瑚、翡翠、水晶などを彫ったり、その他の宝石をはめこんだりしたものなどがある。
一般には明治、大正から昭和20年ごろまで流行し、デザインも江戸時代から伝統的なものや、明治中期からは洋風の草花などの新しいものがあった。