日動画廊

日動画廊( にちどうがろう )

日動画廊は1928年に創業の、日本で最も歴史のある洋画商。
油彩、彫刻、版画を主に、内外の物故・現存あわせてその数百名の作家を取り扱う。
1942年には熊谷守一画集、次いで藤島武二、藤田嗣治などの画集を出版している。
その他にも、現在まで、数多くのカタログや大型画集などを出版している。
1966年には若手作家の育成のために昭和会展をスタートさせた。
2002年には現代美術を専門に扱う画廊としてnichido contemporary art(nca)を設立。また、責任ある作品の供給を果たすことを目的に美術品登録委員会を設置した。
国内外を問わず現代の美術界の最新動向も幅広く収集している。
現社⻑の⻑谷川徳七は元全国美術商連合会会⻑、及び元全国洋画商連盟会⻑を歴任し、また副社⻑を務める⻑谷川智恵子は日本洋画商協同組合の理事⻑を兼任。
両名ともフランス政府より日仏文化交流に貢献したことで勲章を授与されている。