のんこう

のんこう ( のんこう )

江戸初期の陶工で、常慶の長男、楽家の三代目です。
俗に「のんこう」と称しました。
黒楽・赤楽を中心にのんこう七種といわれる名物茶碗を残しました。
のんこう以前の楽焼になかった色合いの光沢を、釉や窯の研究により、光沢のある優雅な楽茶碗を完成させました。