錦手

錦手 ( にしきで )

上絵付に用いる錦窯で焼かれた磁器。
金彩が加わった華やかなものが多く、現在は主に古伊万里系統のものにのみ使われています。
また古伊万里の錦手には釉下に染付の絵のあるものが多く、染錦と称しています。
一見して金彩が鮮やかで華やかな絵が全体に描かれた陶磁器のこと。