肉象嵌

肉象嵌 ( にくぞうがん )

生地を一段掘り下げた所に他の紋金を嵌め込み、模様が生地より高くなる方法で表現する技法。