二科展日本芸術院賞

二科展日本芸術院賞

「二科展」
二科展は、絵画・彫刻・デザイン・写真の4部門からなる公募展。
発足以来、各部門が一貫した伝統精神として、時代を認識する徹底性において、視野を一方向に限定せず、新しい表現価値の創造に向かって不断の追究を期することを信条としている。全会員の制作上の自由を擁護し、個性を尊重している。流派の如何を問わず新しい価値の創造者が抜擢され待遇される。

美術団体。大正3年(1914)文展洋画部に第二科設置を建議していれられなかった石井柏亭(いしいはくてい)・津田青楓(つだせいふう)らが創設。昭和19年(1944)戦争のため一時解散。戦後、東郷青児を中心に再結成され、昭和54年(1979)社団法人となる。現在は絵画部・彫刻部・デザイン部・写真部があり、毎年秋に公募展を開催する。平成24年(2012)公益社団法人に移行。

1889年(明治22年)に日本最初の洋風美術団体「明治美術会」が創立され、7年後の1896年(明治29年)に東京美術学校に洋画科が設置されたのが、わが国洋画壇の黎明期であり、この頃フランスに留学していた新進の芸術家が帰朝するに従って、文部省展覧会の審査に新・旧の価値観の違いが目立ってきた。そこで、新・旧を一科と二科に分離するように政府に要求しましたが、時期尚早なりと却下された。
そのため1914年(大正3年)文展(文部省美術展)の洋画部に対して新進作家たちが新しい美術の確立を標榜して、在野の美術団体「二科会」を結成し「流派の如何にかかわらず、新しい価値を尊重し、創造者の制作上の自由を擁護し、抜擢する」という趣旨のもとに1世紀におよぶ歩みを踏み出した。この間、二科会は常に時代の新傾向を吸収し、黎明期から多くの著名な芸術家を輩出してきた。
現在、絵画・彫刻・デザイン・写真の4部で二科美術展覧会を開催。絵画部、彫刻部は、1979年(昭和54年)に法人化し、社団法人二科会として発足。2007年(平成19年)からは会場を上野の東京都美術館から六本木の国立新美術館に移した。
さらに2012年(平成24年)には公益社団法人二科会としての認定を受け、展覧会活動などを通じて、広く社会へ貢献すべく活動している。
春には、上野の東京都美術館において、会員の実験的作品の発表と新進作家の育成を目指した春季展を開催し、秋の二科美術展覧会は全国から広く作品を公募する。東京展に続き、各主要都市での巡回展を実施している。

文部科学大臣賞や文部科学大臣賞、二科賞、特選、新人奨励賞などがある。
「二科展出品作」や「日本芸術院賞を受賞した作品」などと言う。