日本芸術院

日本芸術院 ( にほんげいじゅついん )

美術、文芸、音楽、演劇などの芸術上の分野において功績顕著な芸術家を優遇顕彰するための栄誉機関で、文化庁の特別の機関。
1919年美術審査委員会を解消して設けられた帝国美術院を母体とし創設。
1937年に音楽、文芸、演劇、舞踊の分野を加えて帝国芸術院と改められ、さらに1947年日本芸術院となった。
第1部美術、第2部文芸、第3部音楽・演劇・舞踊の3部よりなり、会員の推薦と総会の承認により文部科学大臣が任命する終身会員120人で組織される。
毎年、芸術作品および芸術の進歩に貢献し顕著な業績ありと認められた者に対し、恩賜賞、日本芸術院賞が授与される。

芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関。
文化庁の所管。昭和22年(1947)帝国芸術院から現名に改称。
第一部美術、第二部文芸、第三部音楽・演劇・舞踊に分かれ、会員は終身で120名以内。
毎年、芸術に貢献した者に恩賜賞・日本芸術院賞を授与する。

芸術院と通称する。
功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関。
文部省に付置。
1919年創設の帝国美術院(1937年帝国芸術院と改称)を母体にし1947年設置。
芸術に関する重要事項を審議し、文部大臣に建議する権限をもつ。