日本伝統工芸

日本伝統工芸 ( にほんでんとうこうげい )

伝統工芸(でんとうこうげい)
長年に亘り受け継がれている技術や技が用いられた美術や工芸のこと。
伝統工芸の特徴は、熟練した技が必要。手工業である。日常生活で使われている。代々長い歴史がある。などがある。

伝統的な技法によって芸術的な工作品を製作すること。熟練した労働者(職人)が簡単な道具や機械を使用して製作する小規模なものがほとんどである。清水焼や九谷焼等の陶器、友禅染等の繊維製品が代表的な例である。伝統工芸のなかには後継者の不足、工場で大量生産される類似品との競争等から衰退してしまうものがある。日本では伝統的技法に基づく地場産業の育成と振興を目的として、1974年に〈伝統的工芸品産業振興法〉が施行された。