日本美術院

日本美術院 ( にほんびじゅついん )

美術団体。
明治31年(1898)岡倉天心が橋本雅邦らと設立。
日本画の近代化を目ざして独自の道を開き、横山大観・下村観山・菱田春草(ひしだしゅんそう)らが輩出。
年2回の展覧会「院展」を開催。

在野の美術団体。
その展覧会を院展と略称。
1898年岡倉天心を中心に〈新時代における東洋美術の維持並に開発〉を主張して創立、明治日本画の先駆となり、特に横山大観、菱田春草の朦朧(もうろう)体は注目を浴びた。

美術団体。
1898年、東京美術学校校長を排斥されて辞職した岡倉天心を中心に創設され、天心とともに教職を辞した橋本雅邦をはじめ日本画家、彫刻家、工芸家など十数名が集った。
東京谷中初音町 (一時は茨城県五浦) に研究所を設けて美術研究と、院展と呼ぶ展覧会を開催、横山大観、下村観山、菱田春草などが力作を発表した。
また『日本美術』を発刊、在野派として明治末期の美術界に著しい業績をあげた。
その後経営困難、天心の渡米などで一時中絶、解消したが、1914年9月大観、観山に木村武山、今村紫紅、小杉放庵、安田靫彦 (ゆきひこ) らが加わって再興。
これを再興日本美術院と称したが、その後はまた日本美術院、院展と呼び現在にいたる。
その間 20年に洋画部、61年に彫刻部が解散して以来、日本画だけとなった。