日本美術学校

日本美術学校( にほんびじゅつがっこう )

大正7年(1918)4月22日、豊多摩郡戸塚町(現・新宿区西早稲田)に日本美術学校が設立された。日本美術研究所から私立学校の認可を受けて名称を改め、当時としては珍しく男女共学の学校として開校した。創立者は、紀淑雄(1 872~1936)で、『稿本日本帝国美術史略』の執筆者であり、早稲田大学教授、国立博物館監査官を務めた。四代目校長である田中泰裕は、紀の早稲田大学 での教え子であり、理論と実技との両方面から美術制作、観照及び批評の三能力を開発養成するという建学の精神を受け継ぎ、昭和の終わり頃まで当校の存続に尽力した。小説家の井伏鱒二、漫画家の田河水泡(本名・高見沢忠太郎)、イラストーレーターの中 原淳一、画家の林武、美術評論家の柳亮など多彩な分野の俊秀を輩出した。また関わった教員に、帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)の創立メンバーである金原省吾、名取堯がいた。しかしながら日本美術学校の全容は必ずしも明らかとはなっていない。その理由は、各種学校として私塾のような形態で学校を運営してきたことが考えられる。あるいは戸塚町から板橋区練馬向山町(現・練馬 区向山)へ、また現在では埼玉県伊奈市にと度重なる校地移転、経営者の交代があり資料を永続的に保持できなかったことにも理由があると推察する。