濁し手

濁し手 ( にごして )

白い磁胎に米のとぎ汁のような不透明な釉を上掛けした器を呼ぶ言葉です。
柿右衛門様式の初期のなかでも、特に賞玩される乳白色のものの代名詞です。