涅槃図

涅槃図 ( ねはんず )

釈迦の涅槃すなわち入滅 (死) の情景を表わした図。
双樹下の宝座に北を枕にし、右脇を下にして横臥する釈迦を取囲んで、菩薩、天部、弟子、大臣などのほか、鳥獣までが泣き悲しんでおり、樹上には飛雲に乗って、臨終にはせ参じようとする仏母摩耶夫人の一行が描かれているのが一般的な図様である。
日本では平安時代以降、涅槃会の盛行に伴ってその本尊である涅槃図が制作され、なかでも高野山金剛峰寺の応徳3 (1086) 年銘のものが最古のすぐれた遺品。
以後、鎌倉時代を中心に大小多数の遺品が残る。

釈迦が沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で入滅する情景を描いた図。
一般に、釈迦が頭を北、顔を西、右脇を下にして臥(ふ)し、周囲に諸菩薩(ぼさつ)や仏弟子・鬼畜類などが集まって悲嘆にくれるさまを描いたもの。
涅槃絵。

鎌倉時代後期以降の作として愛知県甚目寺(じもくじ)本や和歌山県長保寺本などがある。
前者は横長または正方形に近い画面で、会衆人物が少なく、穏やかに表現される。
後者は画面が縦長くなり、沙羅双樹も丈高く表し、会衆人物や鳥獣虫類が数多く、悲嘆の様子も強調される。
なお香川県與田寺(よだじ)本は横長の画面に会衆人物・鳥獣類が数多く、折衷形式である。
この他には八相(はっそう)涅槃図と称し、涅槃前後の出来事を描き加えた図も制作された。