根来塗

根来塗 ( ねごろぬり )

一般に黒漆の下塗の上に朱漆で上塗を施した木製の漆器を、根来塗と呼んでいます。
鎌倉末期に高野山の僧徒が紀州根来に移った際に、寺で日常使う飲食器を黒あるいは朱漆塗で作ったのが根来塗の起こりとされています。

正応元年高野山の僧徒が紀州に移って寺院を経営し、寺で使用する飯食器等日用の漆器は僧が製作し黒戓いは朱漆塗としました。
天正十三年秀吉に掃蕩されるまでの間作られたものは、雅味深く根来塗の代表作と言われます。
朱塗に黒の斑点のあるものを京根来と言います。