棗 ( なつめ )

茶器の一種で、抹茶を入れるのに用いる木製漆塗りの蓋物容器。
植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたとされる。
現在では濃茶を入れる陶器製の茶入(濃茶器)に対して、薄茶を入れる塗物の器を薄茶器(薄器)と呼ぶが、棗がこの薄茶器の総称として用いられる場合も多い。

茄子茶入の挽家 (ひきや。茶器を保存する容器) を応用したものが始めといわれ、形がなつめの実に似ることによる名称。
東山時代からとされるが作品は桃山時代以後が多い。
形のうえでは大、中、小、平、尻張、胴張、長丸その他がある。
素地は木材 (挽物) 、乾漆、竹、紙など。
塗りには黒ろう、朱、溜、潤 (うるみ) 、掻合、春慶、根来 (ねごろ) 、変り塗、摺漆などがあり、木地のままのものもある。