南画

南画 ( なんが )

南宗画を中心とした元、明、清の中国絵画の影響を受け、日本で江戸時代中期以降に興った絵画。
文人画ともいわれるが、職業的画家も含まれる点で厳密には中国の南宗画、文人画とは性格を異にする。
長崎に来航した清の伊孚九 (いふきゅう) らを通じて学んだ祇園南海、柳沢淇園、彭城 (さかき) 百川らを先駆として、池大雅や与謝蕪村らが日本独自の様式に大成。
その後、京坂で浦上玉堂、青木木米、田能村 (たのむら) 竹田らが活躍して主流をなしたのち、江戸の谷文晁 (ぶんちょう) 、渡辺崋山らも独特の画風を樹立し、全国的に盛んになった。
明治初期以後衰え、わずかに富岡鉄斎が異彩を放つ。
なお、南画に対して、室町漢画や狩野派などを北画という場合もある。

江戸中期以降、南宗画の影響のもとに独自の様式を追求した新興の画派の作品。
大成者は池大雅と与謝蕪村。

中国の南宗画の影響を受けて、江戸中期から盛んに描かれた中国趣味の濃い画派の絵の総称。
祇園南海・柳雅園らに始まり池大雅・与謝蕪村らが創意を加え、日本独自の様式を大成した。
日本独特のものとなったため区別して南宗画の略称である「南画」の語が用いられる。文人画とも称される。