魚子地

魚子地 ( ななこじ )

彫金技法の一種。
先端が小さな円筒状につくられた魚子鏨 (たがね) を用い、金属面に粟粒大の細粒を密に打込んで地とし、主文様を浮き出させたもの。
作例は白鳳時代からあり、奈良時代以降盛んになった。

彫金技法の一。
先端が小円になった鏨(たがね)を打ちこみ、金属の表面に細かい粒が密に置かれたようにみせたもの。