生掛け

生掛け ( なまかけ )

素焼きを行わないで、成型の後日陰干しにしただけの素地に釉をかけることです。
普通、胎土に釉がけする場合、素焼きをしてから行います。
初期伊万里に見られる技法で、べったりとした焼き上がりになり、陶磁器の昔の古い作り方のことを言います。