長崎派

長崎派 ( ながさきは )

江戸時代、長崎に興った絵画の諸派の総称。
外国から伝来した絵画の影響を受け、南蘋(なんぴん)派・南宗画派・北宗画派・洋画派など多様な展開をみた。

江戸時代に長崎を中心として特色ある絵画の発展を示した次の諸流派の総称。
(1) 隠元はじめ黄檗 (おうばく) 僧によって伝えられ、喜多元規,喜多宗雲らに受継がれた肖像画を特色とする黄檗派。
(2) 逸然 (いつねん) に始り河村若芝、渡辺秀石などに続く北宗画系漢画派。
(3) 沈南蘋 (しんなんぴん) によって伝えられ熊斐 (ゆうひ)、宋柴石、鶴亭、真村蘆江などによって栄えた写生的な花鳥画を得意とする南蘋派。
(4) 伊孚九 (いふきゅう)、江稼圃 (こうかほ) などの感化によって発達した木下逸雲、日高鉄翁、三浦梧門などの南画派。
(5) 舶載西洋画を模倣し西洋風俗などを写実的手法で描いた荒木如元、石崎融思、川原慶賀、若杉五十八などの洋風画派。
(6) 外国風物を主題とする綿絵を制作した長崎版画派など。
以上の各派は互いに緊密な交流を重ねながらそれぞれの特色を発揮し、江戸時代の画壇に多くの影響を及ぼした。

江戸時代長崎に興った多様な画派を総称していう。
当時外国文化と接触の多かった長崎では、中国や西洋の美術に刺激されて新傾向の絵画運動が次々と展開された。

江戸時代の長崎における諸画派の総称。
長崎は鎖国体制下における唯一の通商貿易港であったから、絵画などでも中国やオランダから新様式が流入した。
この特殊な港町にさまざまな画派が興ったのであり、そこに様式上の共通性が見られるわけではない。
それらはほぼ次のような流派に大別される。
(1)黄檗(おうばく)派は、黄檗宗の中国僧によって伝えられた写実的な高僧肖像画を学び、喜多元規らの肖像画家を生んだ(黄檗美術)。
(2)漢画派は、1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし、河村若芝(1629か38‐1707)、渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き、秀石は唐絵目利職につくなど、長崎派の主流となった。

江戸時代、長崎で、外国の影響を受けて興った絵画の諸派の総称。
外国の新様式を取り入れ日本画に多大な影響を与えた。
その源となるものによって、黄檗おうばく派・南蘋なんぴん派・北宗画派・洋画派・南宗画派などがあった。