明星

明星( みょうじょう )

詩歌雑誌。与謝野鉄幹(よさのてっかん)主宰の新詩社の機関誌。第一次は明治33年(1900)4月創刊、明治41年(1908)11月廃刊。浪漫主義に基づき、短歌の革新などに貢献。与謝野晶子・高村光太郎・石川啄木・木下杢太郎(きのしたもくたろう)・吉井勇・北原白秋らが活躍。のち、二度復刊された。

詩歌雑誌。新詩社の機関誌として1900年4月創刊。主宰与謝野鉄幹。5号までは新聞体、6号以後四六倍判の雑誌とした。森鴎外、上田敏らの賛助を得て、相馬御風、高村光太郎、与謝野晶子、山川登美子、平野万里、石川啄木、吉井勇、北原白秋その他が参加寄稿。詩歌を中心に創作、評論、翻訳等を載せ西洋名画を紹介するなど、明治20年代の《文学界》に続いて近代日本浪漫主義の発展のために大きな役割を果たした。自然主義流行の気運におされて1908年11月100号で廃刊したが、《スバル》はその後身とみられる。鉄幹主宰の第2次、与謝野光主宰の第3次もあるが文学史的意義は乏しい。

文芸雑誌。与謝野鉄幹主宰の新詩社の機関誌として、1900年(明治33)4月に創刊され、08年11月通算100号で終わった。初めは新聞型で6号から四六倍判の雑誌となる。史的にみれば、明治20年代の《文学界》に続く浪漫主義の牙城で、高村光太郎、石川啄木、北原白秋ら多くの新人を育てた。詩歌に主力が注がれ、長編叙事詩の制作や海外の象徴詩の移入など、新体詩界に貢献した。この雑誌を母胎として生まれた詩集としては上田敏《海潮音》、啄木《あこがれ》、白秋《邪宗門》などをあげることができる。

詩歌雑誌。1900年(明治33)創刊、08年廃刊。与謝野鉄幹・晶子を中心に、森鷗外・上田敏らが賛助し、高村光太郎・石川啄木・北原白秋・木下杢太郎らが同人として活躍。明治30年代の浪漫主義的傾向を領導。のち、大正と第二次大戦後の二度にわたり復刊。