無形文化財

無形文化財 ( むけいぶんかざい )

雅楽、能楽、文楽、歌舞伎、邦楽、民俗芸能などの演劇、音楽、あるいは陶芸、漆芸、染織、金工、木工、竹工などの伝統的工芸技術その他で、作品を生み出す技術そのもので、歴史上、芸術上価値の高いものをいう。
1954年以後、文化財保護法に基づいて特に重要なものを重要無形文化財として、文部大臣がその技術の保持者を指定し、保護している。
重要無形文化財の保持者は人間国宝と呼ばれている。

演劇・音楽・工芸技術その他の日本の無形の文化的所産で、歴史上または芸術上価値の高いもの。
そのうち特に重要なものを文部科学大臣が重要無形文化財として指定し、併せてその保持者または保持団体を認定する。
保持者を俗に人間国宝という。

文化財保護法上の文化財の一。
日本の伝統的な芸能や工芸技術など、無形の文化的所産で、歴史上または芸術上価値の高いもの。
重要なものは文部科学大臣が重要無形文化財に指定し、その保持者(=人間国宝)または保持団体を併せて認定する。