麦藁手

麦藁手 ( むぎわらで )

茶碗や筒型の器などに線の描き方が素朴で、麦藁を連想させるような縦縞文様が引いてあるものをいいます。
筋が黒や藍のみで一色、淡茶色などがあります。
素朴な模様で、昔の陶芸作品の中でも人気があり、麦藁や麦畑を連想しそうな、空想やメルヘンの世界の模様です。
ストローは昔、麦藁で出来ていました。そんな麦藁が並んで立ててあるような模様です。