門前町

門前町 ( もんぜんまち )

神社、寺院の参道沿いに発達した町。
社寺の祭礼、法会などで設けられた祭礼市が常設化し、それに飲食施設などが加わってできた経済集落である。
奈良市、伊勢市、長野市などが好例。
特に神社の場合には鳥居前町といって区別することもある。
宗教都市の一つで、寺院、宿泊所、みやげ物店などが並んでいる。

中世以降、有力な社寺の門前を中心に発達した町。
神社の場合は鳥居前町ともいう。
善光寺の長野、伊勢神宮の宇治山田など。
もんぜんちょう。

中世以後、社寺の門前に発達した都市。
神社の場合は鳥居前(とりいまえ)町とも呼ぶ。
社寺の門前は、営業上の安全性、神官・僧侶等の消費者の集住、参詣客の往来等の理由から、市が立ち、商人の店舗や宿屋もでき、早くから都市化した。