水指し

水指し ( みずさし )

茶道と煎茶道とでは使われ方が僅かに異なる。
茶道で、釜に足し入れたり、茶碗や茶筅(ちゃせん)をすすいだりするための水を入れておく容器。
陶磁器製(焼物)のものが多いが、金属製、木製、竹製などのものがある。
そのほかにも曲物・塗物など木工品や金物などもある。
焼物の水指では、蓋が一緒に(同じ焼物で)作られているものを共蓋と呼び、別に塗物で作られているものは塗蓋と呼んでいる。

書道の水注
墨をする際に硯に注ぐ水を入れておくための小さな器。
小さいものを「水滴(すいてき)」、やや大きめのものを「水注(すいちゅう)」、水をすくう匙を備えたものを「水盂(すいう)」と区別して呼ぶことがある。