三島

三島 ( みしま )

15世紀~16世紀に作られた高麗茶碗の一つです。
静岡県の三島神社で発行される暦(こよみ)の趣に似た、縄目のような文様があるためこの名が付きました。
高麗青磁の象嵌手(ぞうがんで)の技法が変化したものと考えられています。