珉平焼

珉平焼 ( みんぺいやき )

淡路焼( あわじやき )に同じ。

淡路国 (淡路島) 三原郡稲田村で,文政年間 (1818~30) に大地主の賀集 珉平 (かしゅうみんぺい) が始めた陶磁器。
珉平焼とも呼ばれる。
珉平は天保5 (34) 年に京都から陶工尾形周平を招いて陶芸を学び、茶褐釉や黄釉、青釉などをはじめ、絵高麗、艶黒釉などを発明した。
同 13年、徳島藩主蜂須賀氏の官窯が同所に築かれ、珉平はその経営にあたった。
この官窯と珉平の個人窯であった本窯で品格のある陶磁器が焼かれ、海外にも輸出されて名声を得た。
1883年欅田善次郎が本窯を買収して淡陶会社を設立した。

淡路島に産する陶器。
黄釉(おうゆう)による鮮やかな色を特色とする。
天保5年(1834)に賀集珉平(かしゅうみんぺい)が創始。
珉平焼。