民芸品

民芸品 ( みんげいひん )

一般民衆の生活の中から生まれた、その地方独特の手工芸品。

民芸品(みんげいひん)とは、民衆生活の中から生まれ、日常的に使われる地域独特の手工芸品のこと。元は「民衆的工芸品」の略で、1925年柳宗悦を中心とし、陶芸家の河井寬次郎、濱田庄司らによって提唱された造語。