目貫

目貫 ( めぬき )

目釘のこと。のち、柄(つか)の外にあらわれた目釘の鋲頭(びょうがしら)と座が装飾化されてその部分をさすようになり、さらに目釘と分離した飾り金物として柄の目立つ部分にすえられるようになった。

太刀・刀の身が柄つかから抜けないように柄と茎なかごの穴にさし止める釘。目釘。また、それをおおう金具。次第に刀装の中心となり、精緻美麗なものとなった。

刀剣の柄(つか)(握る部分)につける装飾金具。目抜とも書く。目貫は普通その上を柄糸で巻くが、巻かないものを出(だし)目貫という。本来は刀剣の茎孔(なかごあな)へ通して柄を留める目釘(めくぎ)の上を飾ったもの(目とは孔のことで、これを貫く意)であったが、近世に入って目釘と目貫は分離し、目貫は刀装(拵(こしらえ))の装飾をもっぱらとするようになった。室町後期に装剣金工を業とする後藤家が出現して以来のもので、獅子、虎、竜または家紋などの意匠が多くみられる。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。