明器

明器 ( めいき )

中国で死後の生活に備え、副葬に用いるために作った模型の器具のことです。
石・木・陶磁器などで作り、宋代以後、紙製品が増えて行きました。
このような副葬品の大規模な物には、人の大きさから数百、数千の数が納められたり、死者が寂しくないように一緒に葬られた副葬品。