名物裂

名物裂 ( めいぶつぎれ )

鎌倉時代から江戸中期にかけて渡来した高価な絹織物のことで、茶器などの袋や出し帛紗(ふくさ)として珍重された由緒ある裂を呼びます。
主として中国の宋・元・明・清代の絹織物で、南蛮渡来の木綿織物なども含まれます。