末寺

末寺 ( まつじ )

本山の支配下にある寺。
江戸時代に、幕府が仏教勢力を統制するために本末制度と呼ばれる制度を作り上げた。
本末制度とは、本山、本寺と同じ宗派の寺院を全て本山の末寺として置き、新しく寺院を作ることを禁じた政策です。

本山(本寺)の支配下にある寺院。
江戸幕府は、本山・末寺関係を制度化して、寺院支配を行った。

本山や本寺に従属する寺。
第2次世界大戦後は被包括寺院と称する。
江戸時代に宗派、法流の関係によって本末制度が確立されたが、それは江戸幕府が本山を統治下におくことによってすべての寺院を統治するためのものであった。
現在でもその遺制は残されているが、それぞれの宗派の強化および末寺の権威づけに役立つものともなっている。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。