末寺

末寺 ( まつじ )

本山の支配下にある寺。

本山(本寺)の支配下にある寺院。
江戸幕府は、本山・末寺関係を制度化して、寺院支配を行った。

本山、本寺に従属する寺。
第2次世界大戦後は被包括寺院と称する。
江戸時代に宗派、法流の関係によって本末制度が確立されたが、それは江戸幕府が本山を統治下におくことによってすべての寺院を統治するためのものであった。
現在でもその遺制は残されているが、それぞれの宗派の強化および末寺の権威づけに役立つものともなっている。