丸帯

丸帯 ( まるおび )

色糸と金銀糸や箔などをふんだんに使って織りあげた最高級の帯。
表裏とも同じ柄で、むかしは留袖、訪問着、つけ下げなどにも締めていましたが、今は花嫁衣裳用がほとんどです。