曼荼羅

曼荼羅 ( まんだら )

仏の悟りの世界をあらわした密教独自の図。
諸尊の集まった姿が図式的、幾何学的に描かれているのが特徴。

曼陀羅とも書き、サンスクリット語 maṇḍalaの音写で円板、円輪の意。
壇、輪円具足などと訳す。
密教の修法のため、本尊を中心としてこれと関連のある諸尊や守護などを、方形や円形の区画の中に、定められた方式に従って整然と配置して描いた図。
中国、日本ではこれを平面に図絵し、堂内に掛けたり (掛曼荼羅)、敷いたり (敷曼荼羅) して修法に用い、この図を曼荼羅と呼ぶようになった。
胎蔵界曼荼羅・金剛界曼荼羅・四種曼荼羅などがある。