京焼

京焼 ( きょうやき )

江戸初期以後、京都で作られた楽焼以外の陶磁器の総称で、従来京都粟田口・押小路・深草で焼かれていましたが、酒井田柿右衛門ら肥前の色絵磁器釉法の影響を受けて京焼色絵陶器がおこり、明暦(1655-57)の頃、野々村仁清によって完成されました。
その後清水焼(古清水)・粟田焼の2系統に受け継がれ、地方窯にも影響し、元禄(1688-1703)の末には 尾形乾山が出て優れた作品を残しました。
乾山の死後一時不振となりましたが、18世紀のはじめ磁器を焼き始めました。
清水焼が主流となって盛況を呈し今日に及びます。
やはり、都が千年も続いた京都では、職人も多く集まり、雅な焼き物が作られ全国的にも有名になりました。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。