京都市立美術工芸学校

京都市立美術工芸学校( きょうとしりつびじゅつこうげいこうとうがっこう )

1950年に設置された京都市立芸術大学の前身。
日本では初の公立の絵画専門学校を母体に設立された。
京都市立美術工芸学校は後に京都市立美術高等学校となり、京都市立日吉ヶ丘高等学校ほかに継承、日吉ヶ丘高等学校美術工芸科は1980年に独立し、京都市立銅駝美術工芸高等学校となる。

1880年(明治13年)京都府画学校創立(京都御苑旧准后里御殿を仮校舎とする)
1889年(明治22年)京都府から京都市の経営に移り、京都市画学校と改称、京都御苑内博覧会東館へ移転
1891年(明治24年)京都市美術学校と改称
1894年(明治27年)京都市美術工芸学校と改称
1901年(明治34年)京都市立美術工芸学校と改称

京都市立銅駝美術工芸高等学校(きょうとしりつ どうだびじゅつこうげいこうとうがっこう)は、京都府京都市中京区土手町通り竹屋町下る鉾田町にある公立芸術高等学校。