櫛目

櫛目 ( くしめ )

素地の加飾技法の一つです。
素地の表面がやわらかいうちに、竹ぐしや金ぐしを使って平行線、波形、渦巻、点線などの模様を描きます。
陶芸作品に見られる模様の描き方で、まるで櫛の歯でなぞったような模様の事を言います。