勲二等

勲二等( くんにとう )

勲等(くんとう)とは勲功に対して授与されたものである。
日本においては律令制度が出来た当時は勲位と称し、勲一等以下勲十二等までの12等級あった。
また、位階勲等という様に叙勲は位階に応じて行われた。

勲二等瑞宝章
瑞宝章(ずいほうしょう、Orders of the Sacred Treasure)は、日本の勲章の一つ。
「勲章増設の詔」(明治21年1月4日詔)により増設された勲章であり、勲一等から勲八等までの8等級が制定された。
平成15年5月20日閣議決定(勲章の授与基準)により、勲等が数字での表示されていたものが瑞宝大綬章、瑞宝重光章、瑞宝中綬章、瑞宝小綬章、瑞宝双光章、瑞宝単光章と名称表記に改められると共に、勲7等及び8等が廃止され、6等級とされた。

旧制度下の名称 勲二等瑞宝章

現行の名称 瑞宝重光章
名称から「勲二等」を取り除き、等級は旭日章にならって「重光章」で示す