国焼

国焼 ( くにやき )

日本製の焼物のことを茶道では和物と言いますが、別に瀬戸窯以外の地で焼いた陶磁器を国焼とも言います。
すなわち薩摩焼・高取焼・備前焼・丹波焼・膳所焼(ぜぜやき)・唐津焼・信楽焼(しがらきやき)・ 伊賀焼・志士呂焼(しどろやき)等のことです。
ただし京焼には種々の陶窯があるようで、各地から陶土を取り寄せたり、また御室・粟田・聚楽などの陶土で各種の器物を製作したので、別格として国焼の中に加えないことがあります。
昔はそれぞれの地方に陶芸作品の窯元があり、いろいろな窯元がありましたが、大量生産され安価な陶芸作品が出回り、廃業する窯元が増えました。

現在では、中国製茶陶 (唐物) 、朝鮮製茶陶 (高麗物) に対して、日本製の焼物を総称していいます。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。