勲一等

勲一等( くんいっとう )

勲等とは勲功に対して授与されたものである。
日本においては律令制度が出来た当時は勲位と称し、勲一等以下勲十二等までの12等級あった。
また、位階勲等という様に叙勲は位階に応じて行われた。

勲一等旭日大綬章は、日本の勲章の一つ。
1875年(明治8年)4月10日、勲章制定ノ件(明治8年太政官布告第54号)に基づいて制定された。

勲一等旭日桐花大綬章は、日本の勲章の一つ。
1888年(明治21年)1月4日に旭日章の最上位として追加制定された。
日本に於ける高位勲章の一つで、2003年(平成15年)11月3日の栄典制度改正まで旭日章の最上位勲章として運用されていた。

現行の名称 瑞宝大綬章
瑞宝大綬章(ずいほうだいじゅしょう、英: Grand Cordon of the Order of the Sacred Treasure)は、日本の勲章の一つ。
瑞宝章の最高位で、2003年(平成15年)の栄典改革以前の勲一等瑞宝章に相当する。