空間

空間 ( くうかん )

非常に頻繁に使う言葉だが、実はとても奥が深い。
絵画においては、一般的には三次元的な奥行きを指すことが多いが、画面の中に線が引かれたり、絵の具が置かれたりした結果として生まれる、効果そのものを指すこともあれば、画面の中に構築された仮象空間全体を指すこともある。
ちなみに、哲学の世界では、アリストテレスは、空間を個々のものが占有する場所と定義し、ニュートンは、物体とは別に存在する実体とし、ライプニッツは、物体間の関係に過ぎないと定義した。
人がどういう意味を込めて空間という言葉を使っているかは、十分注意を払って理解する必要がある。