小柄

小柄 ( こずか )

刀に付属した小型の刃物で、細工用の小刀で木や紙を削るのに工作小刀でとして用いられました。
また、緊急時には、手裏剣のように、武器としても使われていて、刀などの鞘の内側の溝にはめ込まれていました。
材質は殆どが、金属で出来ており、鉄、銅、金、銀、真鍮、です。
それらの合金細工の朧銀(おぼろぎん)、赤銅(しゃくどう)、銀と銅の合金で四分一(しぶいち)も有名です。
素朴な鉄製鐔から江戸中期以降は、芸術作品として金工職人が独自の工夫や技を編み出して、片切彫、毛彫り、魚子地(ななこじ)、高彫、布目象嵌、金銀象嵌など、世界に誇れる日本独自の芸術品、古美術、骨董品として現在に伝わってきました。

日本刀の鞘(さや)に添える刀子(とうす)(小刀)で、三所物の一つ。
刀や脇指(わきざし)を腰にさした場合、内側に位置する。
柄の部分に彫金が施され、実用性よりも装飾性が強い。

江戸時代に大小拵(こしらえ)の武家風俗が定まると、正式(登城の際)の大小拵には打刀に小柄と笄(こうがい)、脇差(わきざし)には小柄のみをつける決まりとなった。
元来の目的は日常のペーパーナイフ的なものであり、武器としての役割はもたないものである。
さらに金銀を用いた精緻(せいち)な金工作品に発展していくと、小柄の装飾性は一段と強まり、この種の金工の名人上手が多く輩出した。